IUが日本語で歌っている曲は何曲ある?日本語ペラペラな理由には何か秘密がある?

この記事は3分で読めます



あんにょん☆

韓国のアーティストってみんな歌が上手だよね!K-POPアイドルでもなくアーティストでもあって、多くの歌手に影響を与えている“IU”ってみんな知ってる?

曲ももちろん愛されてるんだけど、彼女の発言に影響を受けて売れていくアーティストも多くいるんだって!ファッションも注目されるIUなんだけど、日本語がペラペラだって知ってた?

今回はIUの日本語のうまさの秘密について調べてみたよ!

まずはプロフィールからおさらいしていくね。



こちらの記事の目次はこちらっ★★


IUのプロフィール!

本名:イ・ジウン
出身地:韓国
誕生日:1993年5月16日
血液型:A型
身長:161.7センチ
趣味:読書・ギター

現在25歳のIU。いい意味で全然見えないんだけど、デビューの年齢はなんと15歳!
芸能生活も10年目に突入するIUってもう韓国芸能界では大御所の位置づけだよね!

IUって韓国でめちゃめちゃ有名で、年代問わず人気なんだよ!K-POPアイドル好きな人も一度は名前きいたことがあるんじゃないかな?なんでかっていうと、歌手以外に女優としても活動してるからなの!

IU出演韓国ドラマ一覧

ドリームハイは、アイドルになるための学校に通う青春ドラマで人気者ばかり出演していて当時大人気!

プロデューサーでも、人気歌手役でツンな様子のIUも普段見れない感じが良かったよね!

麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち〜では、イケメン俳優の中のヒロインだったよ!
IUの立場になりたいって思った人は私だけじゃないはずです。

今年放送された、私のおじさんでは、序盤見てられないくらい悲しい雰囲気でいっぱいでしたが、最終的にはヒューマンドラマとしてあったかい気持ちにさせてくれる内容でした!

このように、人気ドラマに出演しているIU!ほかの俳優陣にも負けず劣らずの演技力で、ひっぱりだこです!女優のIUも気になる方は“麗”から見てみるのがいいのではないでしょうか。

IUが日本語で歌っている曲は何曲ある?

IUが日本で発売したアルバムは5枚!それぞれに収録されている曲を合わせると
12曲ほどあるようです。有名な2曲をお伝えしますね。

特に3オクターブで有名になったGOODDAYは日本語VERが発売されています。

【GOODDAY】

日本語でも全く歌唱力の変わらないIUは、本当に魅力的ですよね。

この歌詞には“オッパ”(韓国では女性が年上の男性を呼ぶときにオッパと言います。)という歌詞がありますが、その部分はそのまま韓国語で使われていますね~!これも言いやすいようにかな?

でも何が不思議って、日本語の歌詞がスラスラ歌えてるとこなんですよね!
他には、この歌も日本語で収録されているよう!

【YOU&I】

基本的に韓国語の歌をそのまま、日本語に訳すとおかしくなっちゃううんですがさすがIU全然そんなことありませんね!
歌詞も違和感ありません。

日本語ペラペラな理由には何か秘密がある?

日本語の歌詞は、まぁ練習すればうまくなるよねって思う人も多いと思いますけど実際にテレビ出演した時のIUをご覧ください。

後ろに通訳さんいますけど、普通に日本語ペラペラに話しているんですよ!
これには、私もめっちゃ驚きました!なぜ日本語がこんなにも上手なんだろう?

通訳さんが後ろにいますけど、インタビュアーの人に向けてしか意識していないよ
歌もバラエティも女優も日本語まで完璧だなんて、聞いてません。

それは、日本のアニメが好きなことがあげられるんじゃないかな。
IU自体日本のアニメを見るのがとても好きなんですって!

IUは『夏目友人帳』という漫画好きなようです。日本では映画化もされており知ってる人は知ってるようですよ!

アニメの影響で日本語が上手なんじゃないかって思います。
どこの世界もオタクって強いですよね。

日本のファンからのリプに対して、韓国語表記委ではありますが、日本語読みになってるんですよ。

【この携帯ひらがなができない、ごめんね】という意味です。

歌も女優もバラエティもそして日本語も完璧なIU!

また日本でも公演をしてほしいのですが2018年の3月28日をもってファンクラブが廃止されています。今後も来日公演はあることは期待できそうですが、なかなか日本での活動は難しいようです。

まとめ!

今回はIUの日本語で歌っている曲と日本語がペラペラな理由について探ってみたよ!
思たよりペラペラでびっくりしたけど、IUが日本のアニメが好きだなんて嬉しいよね。

読んで頂きありがとうございました☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事はこちらっ★★

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。



カテゴリー