WINNERスンユンの過去のエピソードが感動的?彼女はいるのかも調べた

この記事は3分で読めます



あんにょん☆

今日は韓国の人気アイドルグループ「WINNER」のリーダー、「スンユン」を特集します!

ちょっと衝撃的な過去があるようなので、彼女の噂とまとめて紹介したいと思います!



こちらの記事の目次はこちらっ★★


スンユンのプロフィール

まずはスンユンのプロフィールから!

本名:カン・スンユン
ニックネーム:ユン
誕生日:1994年5月10日
担当パート:ボーカル・リーダー
血液型:B型
趣味&特技:作詞・作曲、ビリヤード

「WINNER」ではボーカル担当が2人(デビュー当時は3人でした)いるけど、スンユンだけの魅力!と言えば「声量」です。
リズム感や、楽譜通りに歌うことは、レッスンで鍛えることができるみたいですが、この声量だけは難しくて、生まれもった才能だそうです。

元々持っていた才能を活かせるって、ボーカリストはスンユンにとって天職かも知れませんね。

実はリーダーじゃなかった?

実はスンユン、最初はリーダーではありませんでした!

前にリーダーをしていたメンバーのミノがケガで活動ができなくなったときに、新しくリーダーに任命されました。
戸惑ったこともあると思うけど、今では立派にリーダーを務められている気がします。

徹夜で曲作りしていることも多いみたいで心配だけど、そんなストイックな姿にメンバーもペンも「ついていこう!」って思えるのかも知れませんね。

感動的な過去って?

スンユンは、デビュー前から歌の実力を認められていて、どこの事務所からデビューするのか注目されていたようです。
それだけの実力があるなら、順調にデビューしたのかな?と感じるけど、実は大変だったみたいです。

デビュー前のスンユンはこんな感じ。

スンユンは、幼い頃に両親が離婚して、お母さんと2人で暮らしてきたそうです。
自分のことを不幸だと思うようになって、中学2年生のときに非行に走って、「学校に行くことをやめて、ずっと家に閉じこもっていた」と告白したことがあります。

明るい今のスンユンからは、ちょっと想像ができませんね…。

スンユンは、ある日、自分のことで泣いているお母さんを見て我に返って「このままではいけない!ひとりで自分を育ててくれたお母さんを助けないと!」と思い直してレッスンに励んでオーディションに挑戦したそうです。

無事に合格してデビューできてよかった!
苦労した経験があるから、優しくて頼もしいリーダーになれたんだと思います。

気になるスンユンの彼女って誰?

更生して、今では立派に「WINNER」のリーダーを務めているスンユン。

オーディションに挑戦している頃に比べたら、かなり垢抜けた感じがします。
となると…やっぱり気になるのが彼女の存在!

過去には、付き合っていた彼女とのツーショット写真が流出したこともあったみたいだけど、その彼女とは「もう友達に戻った」と、説明しているようです。

つまり…今は彼女がいないっていう感じでしょうか?

スンユンの恋愛観が分かるエピソード

スンユンの恋愛観が分かるようなエピソードがあります。
スンユンが、メンバーと一緒にラジオ番組に出演したときのことです。

「片想いしている先輩に彼女が出来てイヤな気持ちになった」というペンからの相談に、ほかのメンバーたちは「共感できない。好きなら自分も行動するべきだ」というように答えていました。

男らしいけど、勇気がいるし、なかなか難しいですよね…。
でも、スンユンだけは違いました!

「共感できる。自分も親友に片想いしたことがある。いざ告白しようと思っても、気まずくなると思った。親しい人だからこそ失いたくないし、一生一緒にいたいと考える」と答えたんです。

この回答、かなりポイント高くないですか?
すごく慎重だし、簡単に想いを伝えるよりも、一生一緒にいれる方法を考えるって、一途で浮気の心配もなさそう?

これだけしっかりした恋愛観があるなら、熱愛報道が連発されることもなさそうだし、ペンも安心かも?
ただ、一途すぎて「すぐに結婚!」なんてことになったら、それはそれで切ない気もしますね…。

まとめ!WINNERスンユンは恋愛観が素敵だった

いかがでしたでしょうか。

スンユンの恋愛観ってポイント高いというかやっぱり素敵だなと思うんです。これからもそんな恋愛観はずっと持ち続けて欲しいですね(^^♪

この記事の感想や、スンユンのもっと感動的なエピソードあります!ということなどその他情報があればコメント欄で語ってもらえれば嬉しいですヾ(*´▽`*)〇
読んでいただいてありがとうございました☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事はこちらっ★★

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。



カテゴリー