ユンホ(東方神起)の性格・身長・家族構成を調べてみた!日本語が上手い経緯も

この記事は3分で読めます



あんにょん☆

2年4カ月ぶりに活動を再会し、前人未到の日産スタジアム3dayの開催が決定した東方神起!

今回はそんな東方神起のリーダー、ユンホ(ユノ)の性格・身長・家族構成について調べてみました!
そして、日本語達者で有名なユノの日本語力についてもご紹介していきたいと思います!



こちらの記事の目次はこちらっ★★


ユンホってどんな性格なの?

ユンホの性格に関して調べてみました!

①練習生時代から何事にも全力!

練習生時代、父親に芸能界入りを猛反対されたユノは、親からの援助を一切受けずソウルの事務所まで通っていたそうです。中学三年生だったユノはアルバイトをしながらジュンスのアパートに泊めてもらったり、時にはソウル駅のホームで野宿をしながらレッスンに通っていたなんて話も!Σ(゚□゚)

それにしてもこの頃からイケメンですね~(*´ -`)

②ファン思いでとくかく優しい。・:*:・゚★,。・:*:

ユノの人柄が分かるエピソードとして外せないのが、「ユンホどっきりカメラ」です!

どんなドッキリかというと、「ペンの子がスリの濡れ衣を着せられたら、ユノは一体どんな行動をとるのか?」というものなのですが…
この時ユノのとった行動が素敵すぎてトンペンの沼に落ちたという方もたくさんいるようです(*^^*)                                                     

               

ユノはすぐさま立ち上がって、いとこのお兄ちゃんのフリをして女の子のことを必死にかばったんです!ペンの女の子の「私はやってない」という言葉を信じて、懸命に場を収めようとするユノ。他人の言葉を最後まで信じるなんてなかなかできることではないですよね…(ノ_・、)正義感が強くて心優しいユノに感動です!

ユノの身長が気になる!

やっぱり気になる背の大きさ!

身長:184cm
体重:66kg

素晴らしいモデル体型ですね~

184センチもあるのに66キロしかないなんて相当引き締まってるんでしょうね(*゚o゚*)

ユノの家族構成は?実はシスコン?

ここでユノの家族構成をご紹介します!

↑子供のころから全然変わってないですねㅎㅎㅎ
ユノは、父・母・妹の4人家族らしいです。グループのリーダーでもあり、お兄ちゃんでもあるんですね♪こんなお兄ちゃん欲しいなぁ。。。

ファンの間ではユノはかなりのシスコンということで有名で、妹のジヘちゃんを超!超!超!溺愛しているみたいです!(ノ゚ο゚)ノ
そんなジヘちゃんのお写真がこちら!!

めっっっちゃ美人!!!
これは妹さん大好きになる気持ちも分かります( ̄0 ̄)

ユノとのツーショットがこちら☆二人ともスタイル良すぎッ!脚ながッ!
さすが美男美女兄弟ですね~

ユノはとくかく日本語が上手い!

なんと!ユノは「日本語講師が選ぶ日本語が上手な韓流スター1位」に選ばれるほど、日本語が上手なんです!

チャンミンも同じくらいスラスラだよ~という意見の方もいると思いますが、まるで本当の日本人みたいな言葉遣いやとてもナチュラルな表現が評価されて堂々の第一位になったそうです!☆

①日本のバラエティー番組でも大活躍!

そんなユノの日本語力はいろんなところで発揮されていて、そのひとつが日本のバラエティー番組です!
 

トンが出てる日本のバラエティー番組を観ていつもビックリすることが、日本語がめちゃくちゃ上手いことです!

翻訳なしで母国語で通訳してもらうこともなく、日本のタレントの方とフツーに会話してるんです!Σ(゚ロ゚」)あんなに忙しいのにいつ日本語勉強してるんだろ…?

②最近覚えた日本語はまさかの…!?

そんなユノの最近覚えた日本語は「連れション」らしいですㅋㅋㅋ

これはコンサートのライブ中の出来事なんですが、MCでユノが「男性の皆さんは、周りに綺麗な女の人がたくさんいるから、一緒に連れションして、、、」という衝撃発言!

実はユノ様、連れションの意味をちゃんと理解していなかったらしく、飲みに行くとかそういう意味だと勘違いしてたんですね!

本当の意味を知ったユノは顔が真っ赤になったらしいですㅋㅋㅋユノらしい天然なかわいいエピソードですね(*^^*)

ここまでユノの気になる性格・身長・家族構成をまとめてきましたが、いかがでしたでしょうか?
2年ぶりの再始動で、これからますます目が離せない東方神起!これからもトン、ユノを心いっぱい応援していきましょう!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事はこちらっ★★

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。



カテゴリー