超新星ジヒョクはハーフ顔だけど実際は?彼女は日本人との噂が?

この記事は3分で読めます



あんにょん☆

今回は超新星のメンバー·ジヒョクを特集してみたいと思います!

グループのいじられキャラになってしまうほど可愛い性格のジヒョクですが、その反面、くっきりとしたクールな顔立ちをしていますよね。

堀の深い濃い顔立ちで、ハーフ顔って言われてますが実際はどうなんでしょうか?

あと、日本人タレントのアノ人が彼女?という噂もあるみたいです!

というわけで、今回はジヒョクについて、プロフィールのおさらいからハーフ説の真相、日本人彼女の噂についてまで、徹底解説してみたいと思います!



こちらの記事の目次はこちらっ★★


ジヒョクのwiki的プロフィール

まず、ジヒョクのプロフィールをおさらいしてみましょう!

芸名:ジヒョク
本名:ソン・ホンヨン 
生年月日:1987年07月13日
兄弟姉妹:なし
出身地:韓国
身長:185センチ
体重:71キロ
血液型:B型

ジヒョクは、柔和で明るい性格が魅力的ですよね☆

その一方で忘れっぽい所もあるようで、しばしば物を無くしてはメンバー達に怒られてしまうなんてところもあります^^;
あと、ちょっとナルシスト疑惑もあるみたいです。

というのも、ジヒョクはよく鏡を見ているので、他のメンバーから「皇子病」と言われてしまっているみたいなんです^^;

これに対してジヒョクは、「自分の顔が格好いいと思っているんじゃなくて自分の顔に満足しているだけ!」と反論しています(*^^*)

そんなわけで、グループ内では結構「いじられキャラ」みたいなポジションとして愛されているみたいですね。
ちなみに、パフォーマンスでのポジションはサブボーカルです。

また、歌手活動の他に、舞台やドラマに出演したりと俳優としての活動も活発です(^^)

ジヒョクはハーフ?

くっきりとした顔立ちのため、ハーフ説が出ているジヒョク。実際はどうなんでしょうか?

ちょっと天然な性格なのとグループ内でいじられ役になることが多いこととで、可愛いイメージも強いジヒョクですが、実は顔立ち自体はかなり濃い目で大人っぽいんですよね…。メンバー全員で並んだ時とかも結構目立ちます。

リーダーのユナクも、「初めてジヒョクを見たときハーフみたいでカッコイイと思った」と言っていますしね(^^)

ですが、調べてみたところ、ジヒョクはご両親とも韓国人でハーフではないみたいです。
純粋な東洋人でこれだけ濃い顔って結構珍しいですよね(^^)

くっきりとしたクールな顔立ちと可愛いじられキャラの性格のギャップもジヒョクの魅力の1つですね!

ジヒョクの彼女は日本人?

ジヒョクは、元SDN48でタレントの芹那さんと付き合っている?という噂があったみたいです。

芹那さんといえば、キュートな声と小悪魔キャラが特徴的なタレントさんですよね☆

芸人や俳優など、日本の様々な芸能人と熱愛の噂がある芹那さんですが、その噂の中にはデマも結構あるみたいです。ジヒョクとの噂はどうだったんでしょうか?

調べてみたところ、ジヒョクと芹那さんが付き合っているという噂は、超新星のアルバムの中にジヒョクと芹那さんのコラボ曲があったということから出た噂で、特に目撃情報などもなければ本人たちが交際を匂わせるような言動をしたこともないようです。

なので、2人が付き合っている?という噂は非常に信憑性が薄いですね。単なる仕事仲間という関係だったと考えるのが自然なようです。

超新星は日本語が上手いメンバーが多くて、日本での活動も活発なグループなので、日本の芸能人との噂も出やすいのかもしれないですね^^;

ジヒョクの好きなタイプは?

ジヒョクの好きなタイプは、「賢くて、ちょっと高飛車な女性」みたいですよ!

素直で尽くしてくれるタイプの女性も人気がありますが、ちょっとわがままなタイプの女性っていうのも意外とモテるんですよね〜

「高飛車でわがままなタイプの女性に振り回されたい!」とか、「わがままを聞いて甘やかしてあげたい!」とか思う男性も結構いるみたいですしね。

ジヒョクは素直な良い子よりも、ちょっとクセがある女性の方が燃えるタイプなのかもしれません(^^)

まとめ!ジヒョクのタイプはちゃっとクセのある女性?

というわけで、ジヒョクについて

  • プロフィールのおさらい
  • ハーフ説の真相について
  • 彼女が日本人という噂について
  • 好きなタイプについて

まとめてみました!

この記事の感想や、ジヒョクについてその他情報があればコメント欄で語ってもらえれば嬉しいです​ヾ(*´▽`*)〇読んでいただいてありがとうございました☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事はこちらっ★★

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。



カテゴリー