ロンジュン(NCT)は国籍が中国なのになんで韓国語ペラペラ?八重歯がかわいい画像も!

この記事は3分で読めます



あんにょん☆

今回は、多国籍グループ・NCTの中国人メンバー、ロンジュンについて特集したいと思います!

可愛らしい顔立ちですよね☆
やわらかい雰囲気がとても魅力的なメンバーです(^^♪

ロンジュンは、事務所から「多彩な才能と魅力を持っている」とのお墨付きをもらっているメンバーでもあります(#^^#)
2016年にデビューして以来、様々な魅力を見せてくれているロンジュンですが、これからの活躍にも期待できそうです☆

そんなロンジュンですが、「中国人メンバーなのに韓国語がうますぎる!」と話題になっているみたいです。
さらに、「口元から覗く八重歯がかわいい!」と、八重歯画像が人気です(^^♪

というわけで、ロンジュンの基本的なプロフィールから、「なんで中国人メンバーなのに韓国語がうまいの?」といった話題、さらにはかわいすぎる八重歯画像まで、紹介していきたいと思います!



こちらの記事の目次はこちらっ★★


ロンジュンのwiki的プロフィール

では、ロンジュンの基本的なプロフィールをおさらいしてみましょう!

芸名:レンジュン /ロンジュン(런쥔)
本名:黄仁俊(ファン・レンジュン)
生年月日:2000年3月23日
出身:中国・吉林省
ポジション:ボーカル
所属グループ:NCT DREAM

優しげな顔立ちと、キュートな雰囲気の持ち主のロンジュン。
そんなロンジュンは、NCTの派生ユニットの1つ、「NCT DREAM」に所属しています(*^-^*)

「NCT DREAM」は、NCT中でも年齢が若いメンバーたちによって構成されているグループで、可愛らしく、フレッシュな雰囲気が魅力の1つなのです(*^^*)

好きなキャラクターは意外にも。。。ムーミン!

ムーミンが大好きというかわいらしい面を持つロンジュンは、誕生日に「NCT DREAM」のメンバー・ジェノからムーミングッズをもらったこともあるみたいですよ☆

ロンジュンが中国籍なのに韓国語がうまいのはなんで?

ロンジュンは中国人メンバーなんですが、韓国語がうますぎる!ということが話題になっているみたいです。

「NCT DREAM」のもう1人の中国人メンバー・チョンロに、韓国語を翻訳して教えてあげているぐらいに韓国語がうまいです。

調べてみたところ、ロンジュンは中国籍の朝鮮民族だという情報が出てきました。
さらに、ロンジュンの出身地である中国の吉林省は、韓国に近い場所にある地域なんだそうです。韓国人の方とかも多く住んでいる地域みたいです。
だから、ロンジュンは韓国語がうまいんですね (*^-^*)

SNSでもロンジュンの韓国語の上手さに触れているツイートは多いですね!

NCTの中国人メンバーは、ロンジュン、チョンロ、ウィンウィン、クンの4人ですが、みんなとても仲がいいみたいですよ☆

ロンジュンのかわいすぎる八重歯画像まとめ!

ロンジュンといえば、可愛らしい八重歯がチャームポイントのメンバーですね(*^^*)
というわけで、ロンジュンのかわいすぎる八重歯画像を、いくつか紹介してみたいと思います。

八重歯が小悪魔っぽくてかわいいですね!

この写真も、結構八重歯が分かりやすいかと思います。特徴的でキュートな八重歯です(*^^*)

桜吹雪とロンジュンです。無邪気な感じでかわいいです(^^♪

いかがでしょうか。小悪魔っぽくも見える八重歯が、ロンジュンのキュートな魅力を引き立てているようにも思います。

ロンジュンEXOが好き!

ロンジュンは、尊敬するアーティストとして同じ事務所の先輩・EXOを挙げています。

子供のころからK-POPが大好きだったというロンジュンは、中国にいたころからEXOの曲を聞いていたみたいですよ(*^-^*)
ちなみに、お気に入りの曲として「Don’t Go」と「Angel/Into Your World」を挙げています(^^♪

まとめ!ロンジュンの韓国語がうまいのは中国籍の朝鮮民族だから!特徴的な八重歯がキュート!

ということで、今回は人気の多国籍グループの「NCT」からロンジュンについて

  • 基本的なプロフィールのおさらい
  • ロンジュンはなんで中国人なのに韓国語がうまいの?という話題について
  • かわいすぎる八重歯画像
  • 事務所の先輩・EXOをとても尊敬しているということについて

などなど、まとめてみました!

この記事の感想や、ロンジュンについてその他情報があればコメント欄で語ってもらえれば嬉し いです​ヾ(*´▽`*)〇読んでいただいてありがとうございました☆ 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事はこちらっ★★

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。



カテゴリー