マーク(NCT)はカナダ国籍だけど親は何人?ラップの実力がすごい!

この記事は3分で読めます



あんにょん☆

韓国のアイドルって、カムバに入ったら、音楽番組に連続で出演。そして、コンサートにサイン会に、握手会。

見えないところだと、音源の収録やダンスレッスン……。とにかく忙しそうですよね。
そんなアイドルのなかでも、トップクラスに入るくらい忙しそうなのが「NCT」のメンバー“マーク”じゃないでしょうか?

今回はマークのプロフィールをおさらいしたあとにマークの両親や、マークの忙しさの“元”になっているラップの実力について順番にまとめてお届けしたいと思います!



こちらの記事の目次はこちらっ★★


マークのプロフィール!マークってどんな人?

まずは、マークの基本的なプロフィールをおさらいしましょう!

本名:Mark Lee
韓国名:イ・ミンヒョン
出身地:カナダ・バンクーバー
誕生日:1999年8月2日
血液型:A型
身長:174センチ
趣味:ギター

マークは自分の長所を“根気があること”だと言っています。
努力家で、向上心の高い、真面目な性格です。
笑顔でいることが多いから“かわいい!”ってよく言われるけど、メンバーはマークのことを“男らしい”と話しています。

男らしさとかわいさの両方があるって、ステキですよね。
“アイドルのお手本みたいな人”って言われてるのも納得しちゃいますね。

マークはカナダ人?両親はどこの国の人?

マークの基本的なプロフィールをおさらいしたところで、マークのルーツが分かるような部分を紹介したいと思います!

マークは、カナダのバンクーバー出身。カナダ国籍です。
英語がネイティブなので、英語圏のメンバーとは英語で話していることもありますね。

でも、マークの両親は、どちらも韓国の方だそうです。
つまり、マークは、“カナダ国籍の韓国人”になります。だから、韓国名もあるんですね!

マークの両親が音楽がすきで、自然とマークも音楽に興味をもったそうです。
そして、2012年に「SMグローバルオーディション」に合格して、事務所にはいりました。

マークは、練習生になってから、韓国語を覚え直した感じですね。
言葉も文化も違うところで努力したマーク。これはペンじゃなくても、応援したくなっちゃいますね。

マークのラップの実力ってどのくらい?

お次は、マークのラップの実力について!

マークは、アイドルではなく“1人の高校生ラッパー”として、ラップバトル番組に出演したことがあります。

マークが出てきたとき“しょせんアイドルラップ”みたいに、ちょっと軽く見られてる感じがあったんです。
でも、マークがラップを始めると、会場全体の表情が変わります。

番組に参加していた高校生が、マークに対して“アイドルという先入観があったけど、マークのパフォーマンスを見て反省した。かっこよかった!”と、実力を認めました。

この記事の最初に、アイドルのなかでもトップクラスに忙しい!って紹介しましたよね?

本当にマーク、忙しいんです!
まず、マークは「NCT」のメンバーですよね。

「NCT」は、18人のメンバーがいて、メンバーの組み合わせを変えて、いくつかのユニットとして活動するっていう、ちょっとおもしろいシステムのグループです。

まず、「NCT U」

そして、「NCT 127」

10代のメンバーで構成された「NCT DREAM」

さらに、「NCT」のメンバー全員で活動する「NCT 2018」

いまのところ、この4つのユニットが活動しています。
いくつかのユニットに参加しているメンバーもいれば、複数参加しているメンバーもいます。
でも、マークだけが、この全てのユニットの活動に参加しているんです!

さらに、「NCT」だけじゃなく、2017年には、同じ事務所の先輩である「EXO」のメンバー“シウミン”とコラボレーションもしています。

紹介したほかにも、いろいろ活動しているんです。
忙しいのは心配だけど、それだけマークの実力が認められていて、必要にされてるってことですよね!

まとめ!マークの実力は本物!頑張り屋のマークを応援したい!

マーク特集、いかがだったでしょうか?

ペンとしては、マークの活躍がたくさん見れてうれしいし、努力家で頑張り屋なところは魅力的だけど、やっぱり忙しすぎるところは心配ですよね……
とにかく体調に気を付けてほしいなって思います。

この記事の感想や、マークについて気になることがあったら、コメント欄で語ってくれたらうれしいです。

読んでいただいて、ありがとうございました☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事はこちらっ★★

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。



カテゴリー