ウィンウィン(NCT)とユウタは超仲良し!耳に補聴器をつけていた?

この記事は3分で読めます



あんにょん☆

今回、今人気沸騰中の大型ボーイズグループNCTの中国出身で天才と言われてるウィンウィンについて特集します!

そんなウィンウィン(NCT)とユウタが「超」がつくほど仲良しと話題にw
どのくらい仲良しなのか調べてみましょう!

それとウィンウィンの耳に補聴器?ちょっと気になりますね。
プロフィールも一緒に詳しい情報をまとめてみました〜

まずは、ウィンウィンのプロフィールをおさらい!

ではでは、ウィンウィンの基本プロフィールをみていきましょう。
天才と言われてるウィンウィンの経歴がすごすぎる!!

本名:董思成(ドンスーチョン)
あだ名:ウィンウィン・スチョン・ウィニ
誕生日:1997年10月28日
出身:中国浙江省
身長:180センチ
家族:父・母・姉
学歴:中国戯劇学院
事務所:SMエンターテインメント
趣味:映画・水泳
特技:中国伝統舞踊
性格:努力家・負けず嫌い
好きな食べ物:肉・アイスクリーム

以上、ウィンウィンの基本プロフィールですが、ここからがすごいんですw

中国戯劇学院って、中国最初の演技大学で3大芸術大学中の一つでタンウェイ・チェンダオミン・チャンツイイーを輩出したとして有名だそうで、普通競争率が194倍のところ演劇映画演技の専攻成績を10位で合格したウィンウィン。

それに同時に中国で最高の舞踊専門学校の「北京舞踊学院」舞踊演技科を1位で合格通知を受け、中国第一舞踊試験で全国1位を受賞し、中高生時代には学校で中国舞踊を専攻して6年ずっと首席だったそうです!

とにかくすごすぎてなんて言っていいのかわからないレベルw

中国舞踊をやってた頃のウィンウィンw
ウィンウィンの知人の話によると、舞踊に優れたウィンウィンがSMに入ることに対して驚く人が多かったそうです。

そのくらい舞踊に優れていたウィンウィンですが、SMに入り実際の練習時間が半年ほどでデビュー。
違うジャンルのダンスを踊るのは難しいことみたいですが、ウィンウィンはそれをこなしてるから驚きです!

でも、きっとその裏にはウィンウィンの努力があるんだなと思いました。
今後もウィンウィンのダンスに注目していきましょうw

ウィンウィンとユウタが超仲良し!!

2つ年上のメンバーユウタと超仲良しと話題になってます。カップル名はユタウィンw
まずは超仲良し画像をみてみましょう!

どの画像もユタウィンの距離が近すぎ〜w

仲良しのユタウィンw見てるだけで癒されます!
いろいろ仲良しに関する情報を探してみました。

ペンの間では・・・

ペンの間では

  • ユウタからウィンウィンへの愛情が強すぎるみたいw
  • ユウタはウィンウィンに溺愛してるw
  • 兄弟みたいに仲良しだし、よき戦友。

と言われてます。

お互い異国の地で活動してるから分かり合えるのかな?w
二人は超仲良しだとわかりましたよねw

ウィンウィンの耳に補聴器?

最後は、ウィンウィンが補聴器をつけているとペンの間で話題になっています。その真相を調べて見ました。

補聴器疑惑が出たのは、「NCT LIFE」という番組で初めてウィンウィンが出演した時、補聴器のようなものを付けていて「あれはなに?」と言われてました。

しかも、メンバーがウィンウィンに話しかけても反応が遅かったので、聞こえてないのかな?と思った方が多かったのです。

でも、よく見ると他にも付けてるメンバーがいて、そのメンバーが「通訳」と言ったことからその補聴器のようなものは同時通訳のためのイヤホンだとわかったのです。

当時のウィンウィンは韓国語ができなかったので、そのために付けていたそうです。
補聴器ではなかったんです。

そーですよね、補聴器つけるにはまだまだほど遠いですよ〜

その後、ウィンウィンが韓国語を覚えられるようにメンバーみんなで教えてあげて、今では通訳なしで話せるようになりました!

ウィンウィンすごいし、メンバーの愛が伝わりますよね〜w

まとめ:ウィンウィンとユウタの可愛らしくて超仲良し画像に癒されるw

みなさんもお気に入りの一枚を探してみてくださいw

ということで、今回はウィンウィン(NCT)について

  • プロフィールのおさらい
  • ウィンウィンとユウタが超仲良し!!
  • ウィンウィンの耳に補聴器?

をまとめてみました。

この記事の感想や、ウィンウィンについての情報があればコメント欄で語ってもらえれば嬉し いです ヾ(* ́▽`*)〇
読んでいただいてありがとうございました☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事はこちらっ★★

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。



カテゴリー