NCTのジョニーは国籍がアメリカ!好きなタイプは少女時代のユナ?

この記事は2分で読めます



あんにょん☆

今回は、日本での活躍も期待されている多国籍グループ・NCTのジョニーを特集したいと思います!

いろんな国籍のメンバーがいるNCTですが、ジョニーはグループ唯一のアメリカ国籍のメンバーです。

アメリカ人らしい、明るく陽気な性格のジョニーは、年齢や国籍関係なく、みんなと仲良くなれるフレンドリーな魅力を持っています☆

現在18人いるNCTのメンバーの中で2番目に年上なので、メンバーたちのお兄さん的な存在として慕われているみたいです(*^^*)

そんなジョニーですが、メンバー唯一のアメリカ国籍ということがやっぱり話題になっているみたいですね。さらに、好きなタイプは少女時代のメンバー・ユナ?といううわさもあります(^.^)

では、ジョニーの基本的なプロフィールから、メンバー唯一のアメリカ国籍!ということについて、さらに少女時代のユナがタイプ?といったうわさまで、徹底解説してみたいと思います☆



こちらの記事の目次はこちらっ★★


ジョニーのwiki的プロフィール

では、ジョニーの基本的なプロフィールをおさらいしてみましょう!

本名:ジョン・スー(John Suh)
韓国名:ソ・ヨンホ
生年月日:1995年2月9日
出身地:アメリカのシカゴ
血液型:B型
身長: 185センチ
体重:63キロ
得意なこと:DJ、ピアノ
話せる言語:英語・韓国語・中国語・日本語・フランス語・スペイン語
担当:ボーカル、ダンス

ジョニーは身長が185センチもあります。
かなり高身長ですよね(^.^)

NCTのメンバーの中でも一番背が高いみたいです。
細すぎず、男らしいがっしりとした体型をしています(*^^*)

また、ジョニーは韓国語と英語のほかに、日本語やフランス語など、6か国語を話すことができます(゚д゚)!
KPOPアイドルには言語が得意なアイドルも多いですが、その中でも6か国語というのはかなりすごい方なんじゃないでしょうか。

ジョニーはアメリカ国籍!

ジョニーはNCTの中で唯一、アメリカ国籍を持つメンバーです(*^^*)

ご両親が韓国系アメリカ人のジョニーは、1995年にアメリカのシカゴで生まれました。
アメリカ生まれ・アメリカ育ちなので、英語を完ぺきに話すことができます(*^^)v

その後、2007年にシカゴで開催された、現在の所属事務所・SMエンターテインメントのオーディションに合格したことをきっかけに、韓国に渡ります。

そして、約9年以上の練習生期間を経た後、NCTのメンバーとしてデビューしました(*^-^*)

自分の性格を「何かつらいことがあっても、すべてをポジティブに捉えることができる性格」と言っている、前向きなジョニーだからこそ、長い練習生期間にも耐えて夢をかなえることができたのでしょう(^^♪

ジョニーのタイプの女性は少女時代・ユナ

ジョニーが、事務所の先輩である少女時代のメンバー・ユナの大ファンだということは有名ですよね(^^♪

ある番組で共演した際、ユナに対して明らかにデレデレだったのも有名な話です(*^^*)
また、直接「練習生になって初めてお会いした2008年のころからずっと好きでした!」と告白したこともあるとか!
ジョニーにとってユナは、女性として好みのタイプであると同時に、憧れの先輩でもあるんでしょうね(*^^)v

ジョニーはEXOのメンバーになる予定だった?

ジョニーは、EXOの候補生だったという過去があります。

残念ながら、EXOにはなれなかったジョニーですが、EXOのメンバーたちとは今でも仲良しみたいですよ!

ジョニーのデビューが決まった時には、EXOのセフンがインスタグラムにジョニーのティザー映像をアップしています。
また、同じ番組に共演したときには、楽しそうにおしゃべりする姿も目撃されています(^^♪

練習生時代に一緒に頑張ってきた仲間同士、グループは離れてしまったとしても強い絆で結ばれているんでしょうね(*^^*)

まとめ!ジョニーはNCTメンバーで唯一のアメリカ国籍!

ということで、今回はジョニーについて

  • 基本的なプロフィールのおさらい
  • メンバー唯一のアメリカ国籍!ということについて
  • 少女時代のユナがタイプといううわさについて

まとめてみました!

この記事の感想や、ジョニーについてその他情報があればコメント欄で語ってもらえれば嬉し いです​ヾ(*´▽`*)〇読んでいただいてありがとうございました☆ 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事はこちらっ★★

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。



カテゴリー