INFINITEのエルが出演したドラマが打ち切りになっていた!?芸名の由来が意外と単純?

この記事は3分で読めます



あんにょん☆

K-POPのペンなら、アイドルと事務所の契約が更新されるかどうかが、たまに話題になっていることを知っているんじゃないかと思います。

更新の時期が近いとそわそわするし、みんな揃って更新してくれますように!って祈っちゃいますよね。

2017年に契約の更新があった「INFINITE」も、ざわざわしてましたよね。

結果的に、メンバーの“ホヤ”が契約を更新しないことになってしまって、もう7人の「INFINITE」には会えなくなってしまいました。

このまま解散?なんて悲しい声も聞こえてきたけど、6人で活動を続けてくれることが発表されて、安心した人もいるんじゃないでしょうか?

ちなみにホヤが脱退すると決まったとき、ドンウが一番泣いたらしいです!しかも一時間も!

ドンウの記事は別で書いてるので良ければこちらをタップorクリックで読んでみてください!

ホヤの脱退で一時間泣いたドンウの記事はこちら

今回は、これからもグループの存続を約束してくれたグループ「INFINITE」の“エル”を特集したいと思います!

エルには、出演していたドラマのことと、名前の由来について話題になることが多いみたいなので、プロフィールをおさらいしたあとに、順番に紹介していきたいと思います!



こちらの記事の目次はこちらっ★★


エルのプロフィール!エルってどんな人?

まずはエルのプロフィールをおさらいしましょう!

本名:キム・ミョンス
出身地:韓国・ソウル
担当パート:ボーカル
誕生日:1992年3月13日
血液型:O型
身長:180センチ
趣味:ファッション、マンガを読むこと
特技:写真

エルは、「INFINITE」のビジュアル担当!っていわれてるくらいにイケメンです!

普段は口数が少なくて、おとなしい印象だけど、メンバーと一緒にいるときは、かなりべったりくっついています。甘えん坊タイプですね!

ちょっとぼんやりしていて、天然っぽいところがあるのもかわいいんだけど、頑固で意志が強い面もあるんだそうです。ギャップがあるっていいですよね!

エルの出演していたドラマが打ち切られたって本当?

エルのプロフィールをおさらいしたところで、ドラマにまつわる噂について!

エルは超イケメンな顔とスタイルをいかして、俳優活動もしています。
なんと、日本のドラマにも出ていたことがあるんです!

2011年にテレビ朝日系で放送されていたドラマ「ジウ 警視庁特殊犯捜査係」
このドラマでは、中国人の役を演じていて、アクションシーンがすごい!って絶賛されていました。

そして気になる、出演していたドラマが打ち切りになったという噂。

調べたところ、本当に打ち切りになってしまったドラマがありました……。
2012年に韓国で放送されていた「ママが何だって」というドラマです。

このドラマは、平日の朝に毎日放送される日本でいう“朝ドラ”みたいな感じのドラマでした。毎日放送があるから、撮影も大変!

エルは日本でもライブがあったりと忙しい時期でも、頑張って撮影していたようです。

でも、ちょうど韓国で行われていた大統領選挙で、なんども放送がお休みになっている内に、視聴率が低迷して、打ち切りになってしまったようです。

ちょっとタイミングが悪かったんですね……。

ドラマの打ち切りは残念だけど、エルに過失がなくて良かった!
また、日本のドラマでもエルの演技が見たいですね!

エルの名前の由来は?意外と単純?

お次は、エルの名前の由来について紹介したいと思います。

エルの本名は“ミョンス”です。
どうしてエルっていう活動名がついたかというと……

びっくりしたんだけど、特に意味はないそうです!

“ミョンス”という名前が気に入っていなくて、なんとなくエルにしたそうです。

そんな適当でいいの?って思うんだけど、この“ゆるさ”がエルの魅力なのかも?

まとめ!やっぱりエルの名前の由来にはびっくり!

エル特集、いかがだったでしょうか?

メンバーが6人になっちゃったとか、出演していたドラマが打ち切られたって、ちょっと残念な話題があるけど、エルの活動名の由来が“なんとなく!”だったことで笑っちゃいました。

しかも、ペンからも本名で呼ばれることが多いんだそうです。ますますおもしろくないですか?
色んな活動名のアイドルがいるけど、ここまでふわっと決まった名前もないんじゃないでしょうか?

エルに関する新情報や、ほかにも気になることがあったら、コメント欄で語ってくれたらうれしいです。

読んでいただいて、ありがとうございました☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事はこちらっ★★

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。



カテゴリー