ワンイーレン(PRODUCE48)が可愛すぎる!プロフィールやセンターを取った経緯など!

この記事は3分で読めます



あんにょん☆

現在日韓同時放送中のPRODUCE48!AKB48グループが出演すると放送前から話題ですよね!

しかし!韓国練習生にもかわいい子がたくさんいますよ~!
今回はビジュアルセンター!?ワンイロン(イーレン)をピックアップして特集していきます!

他にもプデュに関しては村瀬紗英なんかの記事も書いてるので良かったらこちらもタップorクリックで読んでみてください!

村瀬紗英はダンスが上手すぎ?の記事はこちら



こちらの記事の目次はこちらっ★★


ワンイロン(イーレン)のプロフィール

まずは簡単にプロフィールを調べてみました~!

名前:ワンイロン(イーレン)
誕生日:2000年
血液型:AB型
身長:163センチ
体重:42.3キロ
練習生期間:1年4ヶ月
趣味:ショッピング・料理
特技:中国舞踊・モノマネ

名前の通り中国人です!かなりの中国美人です!(笑)

公式HPで練習生のプロフィールが公開される前にお披露目があったんですけど、
その時から「この子かわいい!誰?どこの事務所の練習生だろう?」と話題になりました!

実際にSNSで回った写真がこちら!

はい、もうすでにかわいい!輝いてます!(笑)
PRISTINのギョルギョンやTWICEのツウィに似ているとも話題になりましたね〜!

イロンはproduce48のビジュアルセンター!?

練習生達が選ぶ1番ビジュアルがいい練習生は?というコーナーがありました!

Produceシリーズではかかせないコーナーですよね!(笑)
ちなみにシーズン1ではPRISTINギョルギョン、シーズン2はWannaoneパクジフンでした!

そんなビジュアルセンター第1位がイロンだったんです!
ギョルギョンに続き中華系女子は綺麗でかわいい子が多いんですね〜!

かわいいだけじゃない!中国舞踊で魅力アピール?

中国舞踊が得意なイロン!特技にもきちんと中国舞踊と書かれていますよね!

1分PR動画でも軟体を披露していましたよ〜!

たどたどしい韓国語がまたかわいいですよね!(笑)
事務所別評価でも一際目立つパフォーマンスを披露しました!
かっこいいです!

グループ評価ではセンターを務めた!?

Produceシリーズで1番最初にファンの前に立つグループ評価!
現地投票もありとっても重要なステージです!

グループ評価でイロンは”Peek-A-Boo 1組”でした!
メンバーにはネッコヤでダブルセンターを務めたイカウンや、fromis_9のチャンギュリ、SKE48の松井珠理奈など話題性のある練習生が集まりました!

センター決めではギュリとイロンが立候補!
最後のキーリングパートをお互いに披露し、メンバー投票でイロンがセンターとなりました〜!

その後、中間チェックでトレーナーからエナジーが足りないと再度ギュリとイロンがセンターパートのチェックが入ります。

しかし、イロンの方が合っていると評価を受けて最後までセンターの座を守りましたよ〜!
そんなイロンの姿は動画でチェックしましょう!(笑)

結果的に、総合数で2組に負けてしまい、ベネフィットの1000票は獲得することは出来ませんでした。
でも1組も2組もPeek-A-Boo かっこよかったですよね〜!

SNSでイロンへの反応や評価は?

  • プデュに出てるワンイロンちゃんかわいすぎる😍デビューしてほしい👋
  • ワンイロンいるだけで最高なのにね…
  • ワンイロンちゃんまじまじビジュアル良い…けーぽ中華メンでいちばん好きな顔かも
  • プデュ…もっとワンイロンちゃんの尺を長くしてくれ…
  • ワンイロンめちゃめちゃ可愛いけどこれから見せ場ないと順位下がる一方かな…

などなどやっぱりビジュアルは最高!な反応が多いですね〜!
ただ、放送分量が少なく見せ場がないことが残念と言う反応も!

Produceシリーズは放送分量が重要ですからね!(笑)
出来るだけ長く残ってくれるように、国民プロデューサーに頑張ってもらいましょう!(笑)

まとめ ワンイロンのビジュアルは最高で最強!分量は少ないけど中国舞踊からセンターまで出来ちゃう注目練習生!

ということで今回は

  • ワンイロンのプロフィール
  • ワンイロンのビジュアル
  • ワンイロン特技の中国舞踊
  • ポジション評価でセンターを務めた経緯

をまとめてみました!

この記事の感想や、ワンイロンについてその他情報があればコメント欄で語ってもらえれば嬉しいですヾ(*´▽`*)〇 読んでいただきありがとうございました☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事はこちらっ★★

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。



カテゴリー