NATUREでデビュー予定だったヨルメは脱退!?もしそうなら次のリーダーは誰になるの?

この記事は3分で読めます



あんにょん☆

NATUREが8月3日にデビューしましたね!デビュー曲の「Allegro Cantabile」もすっごくいい曲にアレンジされていて、最高でした!

ん?と思ったあなた!Allegro Cantabileは「のだめカンタービレ」のアニメのオープニング曲なんですよ!

男性が歌う曲なのでかなりキーが上がってて、アイドルの清涼感溢れるめっちゃいい曲になってました!

NATUREのデビュー曲に関しては別の記事にまとめてるので、良かったらこちらもタップorクリックで読んでみてください!

NATUREのデビュー曲「Allegro Cantabile」の評判は?

そして今回の話題は何と言っても「ヨルメ」ですよ!

NATUREメンバーのデビュー前自己紹介ではしっかりとムービーで自己紹介してたのに脱退したかも?と言われてるんです!

その真相に関して今回はまとめてみたので最後まで読んでみてね~

当サイトの見解として脱退したのかしてないのかしっかりお答えします!
とは言っても事実確認ができなかったらハッキリ白黒つけれないので、可能性の話にはなりますけど!

ではさっそくいきましょ~



こちらの記事の目次はこちらっ★★


ヨルメはこのメンバー!

はい!まずヨルメですけどこちらです!

メンバーが1日で3人ずつ公開されていったときに、2日目で日本人メンバー「ハル」と一緒に公開されてましたね!

ポジションは96年生と一番ということでグループで一番年上だからリーダー兼メインボーカルでした!

え?リーダーが脱退しちゃったらどうなるの??というお話はまたあとでしますね~

とにかくヨルメはNATUREにとって大事な存在なのですよ!

NATUREヨルメはどうして脱退?

まずなんで脱退って言われてるかと言うと、こちらの画像をご覧ください!

NATUREのTwitterのTOP画にヨルメがいないんです!
他にも新しく発表された画像にヨルメがいない・・・

ということで脱退説が浮上してるんですけど、ここで先に結論を言っておきますと、「ヨルメは脱退した可能性が高い」と思います。

ヨルメペンには残念だけど、ほぼ間違いないかなと(T_T)

だって病気でしばらく出れなくなったとかそんな事情があったら画像から消さないし、公式で発表もしやすいよね。

でもヨルメはそういったこともなく、デビュー前に何かのトラブルでいなくなっちゃったのかな?と予想してます。

デビュー前の出来事っぽいから正式には脱退とは言わないかもしれないけど!

MVを確認してみた!

NATUREのデビュー曲「Allegro Cantabile」のMVはどうかなと思って、ちょっとヨルメが映ってるか気を付けて見てみました!

だってメインボーカルでリーダーだから歌のパートは多いはずだし、たくさん分量あってもおかしくないよね?

ということで確認してみた結果・・・

全員で映ってるところには普通に映ってることが確認できました!

でもこれ全員で映ってるところにヨルメもいるっていうだけで、当時は9人で撮影したんだろうなと見れば見るほど思っちゃう・・

だって歌のソロパートがあってもおかしくないメインボーカルのヨルメがソロで映ってるシーンが一度もなかったから。

やっぱりグループから抜けちゃった可能性が高いですね~(+o+)
確定ではないので分からないけど!

ヨルメが抜けたら次のリーダーどうするの?

ヨルメのことや次のリーダーに関しては公式の発表がないので、分からないです。あくまで私の予想でしかないけど、ヨルメは一番年上のメンバーです!

ということはヨルメの次に年上のメンバーが可能性高いんじゃないでしょうか!

候補は3人!

97年生の「セボム・ルー・オーロラ」です!

でもルーが12月生まれなことに対して、セボムとオーロラは1月生まれ!ということで最終候補は「セボムかオーロラ」のどちらかがリーダーになるんじゃないかな?(もしヨルメが抜けてたら)と思います。

なんとなくセボムっぽいかなって思うんですけど、詳しくは公式の情報を待ちましょう!

まとめ!NATUREヨルメは脱退の可能性が高い!

今のところ公式からの情報がないので何とも言えないヨルメですけど、公式の画像にいないのはさすがに抜けちゃったんじゃと予想してます。

でもあくまで予想だからそこのところはよろしくね!

この記事に関してやヨルメについてなどなどコメント欄で語ってもらえれば嬉しいです!

最後まで読んでいただいてありがとうございました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事はこちらっ★★

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。



カテゴリー