スンヒ(CLC)は態度が悪いと言われた?K-POPアイドルの中では脚太い?

この記事は3分で読めます



あんにょん☆

今回は、CLCのメインボーカル、スンヒを特集してみたいと思います!

CLCって言えばメンバーがみんな可愛い!として大注目されているグループですが、スンヒはその中でもビジュアル担当と言われるほどきれいな外見をしています(*^^*)

目がぱっちりしている可愛い系の顔で、日本でも人気が出そうなタイプの美人ですね(^^♪

そんな美人のスンヒですが、他のメンバーに比べて脚が太い?という事がちょっと話題になってしまっているようです^^;

さらに、「態度が悪い!」という噂があるとか…?

というわけで、今回はスンヒについて、プロフィールのおさらいから脚が太い疑惑や態度が悪いという噂の真相まで、徹底解説していきたいと思います!



こちらの記事の目次はこちらっ★★


スンヒのwiki的プロフィール

まず、スンヒのプロフィールをおさらいしてみましょう!

名前:オ・スンヒ
出身地:韓国の光州広域市
事務所:CUBEエンターテインメント
グループ:CLC 
誕生日:1995年10月10日
兄弟の情報:兄、姉
出身高校:清潭高等学校
デビュー:2015年
身長:163センチ
体重:49キロ
血液型:A型
干支: 亥

CLCはメンバー1人1人に「担当フルーツ」というものがあるんですが、スンヒの担当は青リンゴです(*^^*)

グループ最年長のスンヒは、以前CLCのリーダーを務めていました!
落ち着いた大人っぽい性格で、他のメンバー達からは「グループのお母さん」として慕われています。

歌が上手いじゃなく、小さい頃からピアノが得意で、さらに作詞作曲もできるみたいです^_^
スンヒにはデビュー前に路上ライブをしていた時代があるんですが、その時もキーボードを演奏していたみたいですよ。

あと、中国語も話せるみたいですね(^o^)
CLCには中国人メンバーのエルキーがいるので、スンヒの中国語力がグループをまとめるのに役立ってそうですね!

CLCは2016年に日本デビューして来日しています。スンヒが日本に来て一番印象に残ったことは、「道がきれいなこと」だそうです!

スンヒは態度悪い?

落ち着いていて大人っぽい性格だと言われるスンヒですが、一部で「態度が悪い!」という噂があるみたいです。

メンバー達からも慕われる性格みたいなのになぜ…?と思ったんですが…。

調べてみたところ、「態度が悪い!」という噂の原因は、「スンヒの性格が落ち着きすぎている」ということにあるみたいです。

大人っぽい性格のスンヒは、他のメンバーに比べて愛嬌を振りまくことがちょっと苦手なんです(*_*)

なので、時に「愛想がない」とか「ぶっきらぼう」とか思われてしまい、「態度が悪い」と言われてしまうことがあったみたいですね。

単純に愛嬌を振りまくことが苦手というだけで、性格が悪いとかではないみたいですよ(*^^*)

メンバー達に意地悪したとか、ファンに対して何か失礼なことを言ったとかじゃなくて安心しました(^^)

イベントに訪れたファンに優しく接してくれたという情報もありますし、愛嬌が苦手なタイプだけどファンのことを大切に思っていくれているみたいですよ☆ 

スンヒは脚が太い?

CLCのビジュアル担当とも言われるほどきれいな外見のスンヒですが、脚が太いという疑惑が出てしまっているみたいです^^;

スンヒの体型は一般人と比べれば全然スリムなんですが、他のメンバーと比べるとちょっとぽっちゃりしていると言われています。
なので脚を出す衣装とかを着ると、ちょっと太めに見えてしまうんでしょうね(*_*)

あと、最近は「カムバックするたびどんどんぽっちゃりしてきてる」という噂もあるみたいなので、そこはちょっと心配ですね^^;

とは言え、今でもグループのビジュアル担当なぐらい美人ってことに変わりはないんですけどね(*^^*)

Girl’s Dayのミナなんかは太ってても脚が細いなんて言われてますけどどうでしょうか?

ミナの記事は別で書いてるので良ければこちらをタップorクリックで読んでみてください!

脚が太っても細い?ミナの記事はこちら

まとめ!スンヒの態度が悪く見られるのは性格のせい

というわけで、今回はスンヒについて

  • プロフィールのおさらい
  • 態度が悪いという噂について
  • 脚が太いという疑惑について

まとめてみました!

この記事の感想や、スンヒについてその他情報があればコメント欄で語ってもらえれば嬉しいです​ヾ(*´▽`*)〇読んでいただいてありがとうございました☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事はこちらっ★★

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。



カテゴリー